心地よいものを紹介するひと

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

先日、遠方よりの友人をお連れした

『日本の匠と美ほさか』さん

日本中の職人による日用品、工芸品などを

扱っているお店です

店主の保坂さんは

先代から続くこのお店を守り続け、

いまでは全国で講演を依頼され

日本の職人たちの想いを伝えてくださっています

118728827_3013587152079540_3880564834138490328_n.jpg

「漆のお椀」は、

使えば使うほど、きらきらピカピカしてきます☆

「革のお財布」も同じく。

そう、

購入したときよりも

使うひとが、大事に使えば使うほど

素敵になっていくのです

これは

ピアノもおなじで・・・

職人が手でひとつひとつ作ったピアノは

どんどん音が美しくなり・・・

弾き手とともに成長するような、

いえ、

まるで生きていて

弾き手に『人生を教えてくれている』ような・・・

ふところの深いものになっていくのです

118766139_3013587078746214_8814778284592124990_n.jpg

これは「天女の羽衣」風をまとうような軽さ♪

118787807_3013587215412867_4964009513814677242_n.jpg

これは「神様のぐい呑み」お酒はこれで決まります

118579287_3013587055412883_5548242608378984036_n.jpg

「ピーターパンのブーツ」あまりに軽くてビックリ!!\(◎o◎)/!

・・・・・・・・・・・・・・・

保坂さんのお話を聞いていると

「説明やお話、自己PRが苦手な職人やアーティストには、

保坂さんのようなひとが必要だ」

とおもいました

実際に、

お店に置いてあった「桜の木の皮でつくった行燈(あんどん)」は

価格が安すぎて

経営がなりたたず、終わってしまう、と。

おおかたの『作り手』は

自分に値段を付けるのが苦手!分からない!見当がつかない!

なので

保坂さんのように

一生懸命一生懸命

作り手のおもいを代弁して

紹介、販売してくださる人物は貴重です(;O;)

118801352_3013595375412051_4373492754435345804_n.jpg

職人や芸術、美しいものを生み出すひとって、

「どう評価されるか」とか

「どう売りだすか」とか

「どう人気を得ていくか」とか

創っている『いまここ』のときに考えていない!

ただ創りたいから、創っている

もし

「売り方」とか考えて創っていたら

そのエネルギーが作品に混じっていく。

いかに

自分自身を透明に・・・

微細な波動の状態に保つか・・・

宇宙の細かい波動をキャッチしていくか・・・

自分に集中!!しかないのだ

116452252_2893302934107963_5238224285398686998_n.jpg

そうした

宇宙エネルギーの入っているものは

そばに在るだけで心地よく・・・

わたしたちの生活を

心地よい場に変えてくれる☆

「日本の匠と美ほさか」さんの想いは

『宇宙の想い』なのかもしれません(*^_^*)