ケの日 ハレの日

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

先日、ある炭師さんのお誕生祭りにて

歌の奉納演奏に参りました♪

全国いろいろなところから

響き合う仲間が集まり、

日本の昔ながらの花火である『和火』も体感。

『和火』については、別の記事に書きたいくらい

感じたものが沢山あります。

今回は

『女性の手仕事』

について書きたいなと思います

118958365_3033401356764786_4150103736088007011_n.jpg

今回の会場となったのが

『古民家 七代』

長野県の緑豊かな場所に在ります

119227745_3036587653112823_6730950298702424228_n-crop.jpg

この家を守っているのが

米山栄子さん。

本来使わなくなった為に潰されるところだったのを

「先祖代々の家を残したい」

という想いで、

ひとりになっても守り抜いてきました

119118703_3036587839779471_7576186800043027381_n.jpg

籠とか、食器とか

昔ながらの家具など

とても素敵。

ひとつひとつ丁寧に、

栄子ちゃんが扱っているのが伝わってきます

山梨にも「まつや」という古いお家を守り繋いでいる

遠山直子さんという素敵な女性がいます♪

(はらくくって、そういうことしてるのって、

女性が多いような・・・(^_^;))

119412182_3036587509779504_3947308116752386705_n.jpg

栄子ちゃんは『みそ部』という

味噌つくりの会をしていますので

ご興味のある方は、一緒につくってみてくださいね♪

『古民家 七代』

http://nanadai.net/

119055005_3036587783112810_6999874823945511589_n.jpg

お食事の箱膳も

近所でお店をされている女性、ともちゃん・・・だったかな

絵を描くそうなので、

お料理の色彩がモーレツに美しい・・・♡♡♡

もちろん美味♡

手間暇かけた一品一品が

宝の箱に入っているみたいでした

『未湖レストラン』

http://mico-restrant.com/top.html

119042515_3036587859779469_6999614899798425743_n.jpg

これは箱膳にかけられていた和紙。

ひとりひとり直筆で書いてくれた、

もえちゃんの優しさがにじみ出てます

こんな心配りがうれしい♡

119211766_3036587896446132_3688576462281268542_n-crop.jpg

そしてこちらは「織り姫しまちゃん」のつくった敷物。

からむしという麻の植物から、

糸を手で紡いでいく。

植物さん達から色をもらい、

機織りで丁寧に織っていく毎日。

以前は公務員をされていたけど、

毎日織り物にかかわるようになった彼女は

以前とは別人のように、素敵なオーラでした☆

119025571_3033433746761547_4165920441946491434_n.jpg

地味~な毎日毎日の暮らし。

ハレではなく、ケの日こそ

いっぱい宝物がかくれているような気がします。

インターネットに触れていると

毎日なにかしらイベントイベント、みたいな雰囲気で

「元気に活動しなくちゃ」みたいな雰囲気もありますが・・・

静かに目の前のことを

丁寧に扱っていくことこそ

魂の進化に直接つながっている

118935531_3033433740094881_4092112671901117408_n.jpg

節目節目のハレの日をたのしみつつ・・・

地味な日々の生活、ケの日を支えてきたのは

いつでも女性だったのかもしれません

『日常こそ御神事』

大切なことは目にはみえない♪