サムライのピアノ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

先日はひさしぶりの親子3人旅行でした

メインは東誠三先生のピアノリサイタル!

私と次女がピアノを弾くので

コンサートを聴き、

長女はひとりで鎌倉散策。

東先生のお話も交えてのコンサートは

なんとも独特の雰囲気。

119093605_3042485595856362_1558995521679750286_n.jpg

本当にピアノが大大大好きで

作曲家の生きざまに寄り添って

成される演奏は、もう・・・・

『さ、サムライのよう・・・』

魂がふるえて

なんだか分からないけど

涙があふれてきました

119209447_3042485855856336_4814654762326512232_n.jpg

音とか音楽って

見えないなにか、

氣、エネルギーのようなもので

そういうものを扱っていくにあたり

日々、

抜かぬ刀を磨き続けるサムライのように

『ピアノを弾く』ということに

真摯に向き合っている東先生の音は

研ぎ澄まされ

物質を通り抜け、拡がっていくような感覚。

119214137_3042485925856329_453077836777112983_n.jpg

↑↑↑公開レッスンのときの先生!

私たちのカラダの使い方、意識の仕方で音楽がまったく変わる!

す、すごい・・・

『あんなふうにピアノを弾きたい!』

と思い

身の程知らずにも、7月にレッスンを申込み受講しました

(ほんとうに清水の舞台飛び降りる気持ち!!!(;O;))

75233719_2306181029486826_3926173701426380800_o.jpg

クラシックピアノというと

どこか堅いイメージがあるかもしれないけど

国とか国境とか関係なく

一曲一曲に

作曲家の生きていた想い、

日常生活が詰まっている。。。

何百年も前なのに

現代に演奏されている曲は

まさにタイムカプセルのよう☆

119139849_3042485755856346_3699072281682557717_n.jpg

丁寧に作曲家や曲のいきさつを

ひも解いていく東先生の世界。

コツコツ・・・コツコツ・・・

音の響きや

作曲家の想いをどうやって引き出すか?

もうこれは職人のよう。。。。

15284095_985741841530758_7635979473205006518_n.jpg

いつも不思議に思うのですが

何かひとつのことを突き詰めて

研究していくと

他のことにも繋がっているように思います

音楽は、絵画、数学、物理、言語、世界史、合気道などなど・・・

繋がっています

食と健康にも!(笑)

ひとつ深めれば

まわりのことも感じることができる。

『鍛練』という言葉の意味は

自分に向き合い、優しく芯の強いサムライを育てること

なのかもしれませんね♪